抜け毛や薄毛に関するお悩みは、薄毛治療で解決しよう。

頭を抱えた男性

それぞれの原因

女性には、男性のようにツルツルにハゲてしまっている方はほとんど見られません。それはいったい何故なのか、あなたは知っていますか?それには、きちんとした理由があげられます。
髪の毛とは、実は「女性ホルモン」が司っているのです。女性ホルモンは髪の毛を司り、男性ホルモンは体毛を司ります。男性の中には、ハゲているにも関わらず、体毛が濃い方も多く見られますよね?「体毛は濃いのに、何故髪の毛は薄いんだろう・・・」と考える方も多いのではないでしょうか。実はこれは、「ホルモン」が大きく影響しているのです。男性ホルモンが多ければ、体毛は濃くなり、髪の毛は薄くなる傾向があります。反対に、女性ホルモンが多ければ、髪の毛はフサフサで、体毛は薄くなる傾向があるのです。女性は、基本的に男性よりも体毛が薄いですが、これは、女性ホルモンが大きく影響しているのです。

こうしたことから、男性と女性とでは、それぞれ薄毛になる原因に違いが見られます。
男性の薄毛の原因は、主に「男性ホルモン」が中心となっており、男性ホルモンの量が多いことにより、薄毛を引き起こしてしまうのです。
また、この男性ホルモンの量とは、「遺伝」も大きく関わっています。遺伝により男性ホルモンの量が多ければ、その分薄毛になる可能性も高くなります。「祖父がハゲているから自分もハゲる」「代々ハゲているから、自分もハゲる」というのは、あながち間違いではないのです。

女性の薄毛の原因は、主に「ホルモンバランス」が中心となっています。女性の体の中には、男性ホルモンよりも圧倒的に女性ホルモンの方が多く存在していますが、その女性ホルモンとは、髪の毛を司るホルモンとなっています。ではいったい、何故薄毛を引き起こしてしまうのでしょうか。その理由としては、「ホルモンバランスの乱れ」があげられます。ホルモンバランスが乱れてしまうことにより、薄毛を引き起こしてしまうのです。ホルモンバランスが乱れてしまうと、体は無意識にストレスを感じてしまいます。そのストレスが原因となり、薄毛を引き起こしてしまうのです。

こうしたホルモンの他にも、男性と女性に共通して見られる薄毛の原因があげられます。その共通する原因として、「ストレス」や「生活習慣」があげられるのです。
現代社会というのは、別名「ストレス社会」とも言われるほど、多くの方々がストレスを抱えながら生きています。実はこのストレスとは、血管を収縮させ血流を悪くしてしまうため、頭皮に十分な栄養素が行き渡らなくなり薄毛を引き起こしてしまう原因の一つとなってしまうのです。
このストレスとは、仕事によるストレスであったり、対人関係によるストレスであったり、環境によるストレスなどもあげられますが、生活習慣の乱れによるストレスもあります。睡眠時間が短かったり、昼夜逆転の生活を送っていたり、喫煙や過度な飲酒を繰り返すなど、不規則な生活習慣を送っていることで体はストレスを抱えてしまうのです。また、食生活も重要であり、栄養バランスの取れた食生活が出来ていなければ、それだけで体はストレスを抱えてしまいます。それが、薄毛を引き起こす原因の一つとなっているのです。

このように薄毛にはさまざまな原因があげられますが、薄毛治療を行えば、フサフサな髪の毛を取り戻すことが可能です。